炎上の被害は精神的苦痛だけに留まらず、周囲との関係も悪化させます。

炎上による被害

 

精神的苦痛に苛まれる女性

 

炎上による被害は精神的な苦痛のみだと思っている方はいませんか?
ネット炎上の影響は大きく、莫大な損失が出るケースや人生・家族関係を崩壊させることもあるので注意してください。
炎上による被害の種類とリスクを紹介いたします。

 

精神的苦痛

 

軽い気持ちで誹謗中傷や心ない意見をネット上に書き込む方が多いですが、攻撃された人は想像以上に大きな精神的ダメージを受けているものです。
抑うつ状態になったり不眠症に陥ったり、最悪のケースでは自殺を考えるような精神状態まで追い込まれることがあります。
炎上被害で精神的なダメージを受けて悩んでいる方は、早めに相談サービスや心療内科等を利用してみてください。

 

自宅への迷惑行為

 

ネット民の特定能力は凄まじく、動画や画像の些細な情報から個人を特定します。
もはやネットの炎上だけでは収まらず、自宅学校・勤務先・実家などが特定されて様々な迷惑行為を受けるケースがあるので注意しましょう。

 

株価下落

 

炎上によって株価が下落

 

企業や商品・サービスが炎上した場合、大きな風評被害が発生して企業の業績を落とします。
上場企業の場合は株価が下落して時価総額が大幅に減少する事例も珍しくありません。
炎上には数十億円以上のお金を動かす力があることを覚えておきましょう。

 

世間のイメージが悪くなるだけではなく、不買運動などのネガティブキャンペーンが行われるケースも多いです。
誹謗中傷をした当人が炎上の対象になることもありますが、客や関係者から発展した炎上では大半のケースで売上を落としてしまいます。

 

上場企業の株価下落以外にも風評被害で廃業する事業者がたくさんいて、炎上理由の倒産・廃業は年々増えてきています。
炎上騒動まで発展しなくても、口コミやレビューで悪評が増えるだけでも企業の業績は大きく悪化してしまう可能性があります。注意しましょう。

 

内定取消

 

個人を特定される炎上を起こした場合、社会的信用を失ってしまいます。
企業は新入社員の選考時に名前を検索しており、過去のネット炎上が理由で内定取消をされるケースもあるようです。
あまりにもひどい状況だと、大企業には書類選考すら一切通らない状況に陥ってしまいます。

 

退学・懲戒処分

 

炎上騒動によって通っている学校や職場の懲戒処分を受ける事例が多数あります。
根本的に学校や職場にバレたら問題がある情報発信をしていることに原因がありますが、軽い気持ちの投稿で人生が大きく変わってしまうケースは珍しいものではありません。
SNSなどへ投稿する際は、万一炎上して多くの方に見られても問題ない内容なのかしっかり考えるようにしてください。

 

家族との関係悪化

 

家族との仲が悪化してしまうかも?

 

炎上は情報拡散力が大きく、家族へも情報が行き渡ってしまうケースが多いです。
炎上をキッカケに家族へ迷惑をかけることで、家族からの信用を失ってしまうことが多数あります。

 

2020年にビデオ通話での問題映像を拡散された霜降り明星のせいや氏によると、この炎上騒動によって一番大きかったダメージは「おばあちゃんに動画を見られたこと」とコメントしていました。
家族であればちょっとした炎上で勘当されたり絶縁されたりすることはないですが、家族だけには見られたくない情報を知られてしまうリスクがあります。

 

芸能人の炎上について

 

知られたくない人に知られてしまう理由から、恋人関係の破綻や片想いの相手から嫌われる原因になるなどのトラブルも多いです。